2020.1.12 19:56

パナ、代表勢6人が共演 堀江は1万8000人の観衆に喜び「ホームでやっている感覚だった」/TL

パナ、代表勢6人が共演 堀江は1万8000人の観衆に喜び「ホームでやっている感覚だった」/TL

後半 攻め上がるパナソニック・堀江=熊谷(撮影・塩浦孝明)

後半 攻め上がるパナソニック・堀江=熊谷(撮影・塩浦孝明)【拡大】

 トップリーグ第1節(12日、パナソニック34-11クボタ、熊谷)パナソニックはW杯日本代表の6人が豪華共演し、持ち味を発揮した。途中出場のベテランのフッカー堀江は後半38分に軽快なターンで防御をかわしてトライを演出。1万8000人近い大観衆に「ホームでやっている感覚だった」と喜んだ。

 一躍人気者となったプロップ稲垣は、体を張った仕事を黙々とこなした。「チームには主役を張れる選手がたくさんいる。僕らのような選手が機能すれば、自然と目立つ選手が出てくる」と自負をのぞかせた。

試合結果へ試合日程へ勝敗表へ

  • パナソニック-クボタ前半、スクラムを組む(右2人目から)パナソニックの稲垣、堀江=熊谷ラグビー場
  • 前半トライを決めるパナソニック・福岡=熊谷(撮影・塩浦孝明)
  • 後半攻め上がるパナソニック・稲垣=熊谷(撮影・塩浦孝明)
  • パナソニック-クボタ前半、トライを決めるパナソニック・福岡=熊谷ラグビー場
  • パナソニック-クボタ前半、自身2本目のトライを決め、笑顔のパナソニック・福岡(右)=熊谷ラグビー場