2020.1.11 05:04(1/2ページ)

早大OB・堀越氏、BK攻撃で明大倒せ! 早明決戦/大学選手権

早大OB・堀越氏、BK攻撃で明大倒せ! 早明決戦/大学選手権

特集:
大学選手権
パスをキャッチする相良(右)。監督を務める父とともに、早明決戦に挑む(撮影・山田俊介)

パスをキャッチする相良(右)。監督を務める父とともに、早明決戦に挑む(撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビーの第56回大学選手権は11日に決勝が行われ、新設の国立競技場を舞台に、昨季王者の明大(関東対抗戦1位)と11季ぶりの頂点を狙う早大(同2位)が対戦する。10日は両校が東京都内で調整。伝統校同士の対戦は23季ぶりで前売り券は完売し、当日券もなく、会場は6万観衆で埋まる見通し。1990年代に満員の国立で戦った早大OBの堀越正己・立正大監督(51)、明大OBでサンケイスポーツラグビー評論でおなじみ吉田義人氏(50)が後輩にエールを送った。

 ラグビーで初の国立競技場での試合、それが早明による大学選手権決勝ということに、運命的なものを感じている。今はとにかく、ワクワクしている。

 聞くところによると、このスタジアムは昔の国立競技場に比べて声が響くのだそうだ。ファンの応援する声が、かつての何倍にも感じられる。グラウンドに立つ30人は、間違いなく大きな力をもらえて奮闘するだろう。

【続きを読む】

  • ラックからパスを出す早大・堀越=1988年1月15日
  • ラグビーの全国大学選手権決勝に向け調整する早大のSH斎藤主将=東京都杉並区
  • 練習で突進する早大・相良昌彦=早大上井草グラウンド(撮影・山田俊介)
  • 明大ジャージーをかぶせた的にタックルする早大の選手=東京都杉並区
  • 大学選手権での早明決勝戦成績
  • 早大の明大戦出場予定メンバー
  • 明大の早大戦出場予定メンバー