2019.12.29 05:00

【摂南大・河瀬泰治総監督の観戦記】洗練された報徳がBシード倒す1番手

【摂南大・河瀬泰治総監督の観戦記】

洗練された報徳がBシード倒す1番手

 第99回全国高校ラグビー1回戦(28日、報徳学園162-5山形中央、花園I)2回戦から登場するBシード校を倒すノーシードの1番手は、間違いなく報徳学園だ。山形中央の防御がどうこうではなく、ボールの動かし方がうまく、まともにタックルされない。そうでなければ、162点も取れない。

 優勝候補の桐蔭学園もボールを動かすラグビーをするが、報徳学園は組織というより、能力の高い選手が個々の判断でボールを動かすという違いがある。戦い方が洗練されている。

 FB山田(3年)は高校生では頭一つ抜けた存在で、プレーに余裕がある。すべて全力疾走するのではなく、出るべきときだけ、ピューッと出られる。2回戦の国学院栃木戦は、山田が目立つようなら報徳学園の勝利になるのではないか。山田以外では1年生WTBの桃田が目を引いた。まだ体つきは幼いが、いいものがある。後半から出場して4トライのFL石浦(3年)は体も大きく(177センチ、100キロ)、スピードがあってゲームの流れを1人で変えられる選手だ。

 シード校を倒す2番手となると、留学生の使い方がうまい大分東明かと思われる。(大工大高-明大OB、元日本代表FW、摂南大総監督)

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ