2019.12.22 05:02

東海大“秘密兵器”で完勝!真野、認可ホヤホヤ「ゴーグル」初着用/大学選手権

東海大“秘密兵器”で完勝!真野、認可ホヤホヤ「ゴーグル」初着用/大学選手権

特集:
大学選手権
ヘッドギアにゴーグル姿の真野はオートバイに乗るよう? 東海大は筑波大をノートライで退けた

ヘッドギアにゴーグル姿の真野はオートバイに乗るよう? 東海大は筑波大をノートライで退けた【拡大】

 ラグビー大学選手権準々決勝(21日、筑波大3-24東海大、秩父宮)関東リーグ戦王者の東海大が、対抗戦3位(4位枠)の筑波大をノートライに抑えこむ完勝。主将のCTB真野泰地(4年)が胸を張った。

 「後手に回る部分もあったが、自分たちが大切にしている防御で勝ち切れた」

 前半から相手の強力BKを自由に走らせなかった。自陣深く入られても粘り強く対応。反撃の時を待ち、4トライを重ねた。

 真野は11月の法大戦で両目の眼窩底を骨折。患部を守るべくラグビー用ゴーグルを着用し、3試合ぶりの復帰戦だった。今年5月に国際統括団体ワールドラグビーが使用を認めたばかりの“秘密兵器”は、W杯日本大会でニュージーランド代表FLサベアが着けて話題にもなった。

 真野は試合で初の着用だっただけに、「見えにくい」と苦笑い。それでも後半13分、敵陣10メートル付近で裏のスペースにキックパスを蹴り、SO丸山のトライをアシスト。見せ場を作った。

 昨季は準々決勝で15-18と惜敗した明大との準決勝は、ゴーグルを外す予定。満を持してリベンジに挑む。

試合結果へ試合日程へ組み合わせへ