2019.12.3 18:11

トヨタ入りのNZ前監督ハンセン氏「日本に年間5週間から17週間ほど滞在」/TL

トヨタ入りのNZ前監督ハンセン氏「日本に年間5週間から17週間ほど滞在」/TL

スタンドの声援に手を振って応えるNZ・ハンセンHC=味の素スタジアム(撮影・山田俊介)

スタンドの声援に手を振って応えるNZ・ハンセンHC=味の素スタジアム(撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビーのトップリーグ、トヨタ自動車は2日、ワールドカップ(W杯)日本大会までニュージーランド代表の監督を務めたスティーブ・ハンセン氏(60)がスタッフとして加入すると発表した。

 ロイター通信はこの日、「前オールブラックスHC、ハンセン氏がこの日、トップリーグ、トヨタのコーチ相談役として待望の日本行きを正式に発表した」と伝えた。

 同氏はこの日、自身のツイッターに動画を掲載。「トヨタで相談、指導役として新たなポジションに就くことになった。ヘッドコーチではなく主にアドバイザー、メンター役として年間5週間から17週間ほどを現地で過ごすことになる」と説明した。

 ESPNは「60歳のハンセン氏は16年間ニュージランド代表を指揮して、2度のワールドカップ制覇に導いた」と功績を称えた。

 トヨタには今季から、ハンセン氏の下でニュージランド代表の主将を務めた、NO・8キーラン・リード(33)も加入も決まっている。リードはW杯日本大会終了後、代表から引退した。