2019.12.1 20:14

吉田義人氏、早明戦に「ファンの熱気で学生も張り切ったと思う」/関東対抗戦

吉田義人氏、早明戦に「ファンの熱気で学生も張り切ったと思う」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
  • 試合前、明大の応援団で埋まったスタンド。手前は円陣を組む明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 早大との全勝対決を制し、4季ぶり17度目の優勝を決めた明大フィフティーン=秩父宮
  • 早大に勝利し、スタンドにあいさつする明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 早大に勝利し、抱き合う明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半安のトライに沸く明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 後半トライを決める明大・武井=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 後半武井(2)がトライを決め、歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 前半トライを決める明大・箸本=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半先制トライが決まり、歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 校歌斉唱する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
  • 前半タックルする明大・飯沼(左)=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 試合前、ウォーミングアップする明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)

 大学ラグビー伝統の一戦、関東大学リーグ対抗戦の早稲田大-明治大が1日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、明治大が36-7で早稲田大を破って全勝優勝した。盛況だったワールドカップ(W杯)日本大会の直後で25季ぶりの対抗戦全勝対決となった「早明戦」は熱気に包まれ、スタンドを埋めた2万2987人が声援を送った。

 2014年の改修前まで国立競技場で行われた早明戦は近年もチケットが完売する人気カード。今年はW杯の影響からか例年より早く売り切れ、試合前には入場を待つ長い列ができたため開門時間を20分早めた。主催する関東協会関係者によると、来季以降は新たに完成した国立競技場での開催も検討している。

 明治大OBでスター選手だった元日本代表の吉田義人さんは「ファンの熱気で学生も張り切ったと思う。W杯が示してくれたラグビーの魅力を今後もつないでほしい」と願いを込めた。

試合詳細へ勝敗表へ記事をもっと読む