2019.12.1 17:29

明大OB田村優、母校の勝利に上機嫌「いい一日過ごせそう」/関東対抗戦

明大OB田村優、母校の勝利に上機嫌「いい一日過ごせそう」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
テレビ解説を務めた田村優(左)、山中亮平=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)

テレビ解説を務めた田村優(左)、山中亮平=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)【拡大】

 関東大学ラグビー対抗戦伝統の早明戦が1日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、明大が36-7で早大に勝利し、7戦全勝で2015年大会以来4年ぶりの優勝を果たした。

 早明戦を生中継したNHKでは、W杯日本大会で日本初の8強進出に貢献した明大OBのSO田村優(30)=キヤノン=と早大OBのFB山中亮平(31)=神戸製鋼=が解説を務めた。

 2人は同学年で、大学時代は同じSOでしのぎを削った仲。

 25年ぶりの全勝決戦を母校が制し、田村は「選手たちは幸せですね、こんなにたくさんのお客さんに応援していただいて。僕も明治が勝ってくれていい一日が過ごせそうです」と上機嫌。山中は、涙をのんだ後輩たちに「我慢比べのところで負けてしまったと思うので、大学選手権でまたリベンジしてほしいなと思います」とエールを送った。

 また、田村は大学選手権で2連覇を目指す後輩たちに「前半なかなかスペースにボールを運べずに保守的なラグビーになってしまったので、最初から全開で行くことが大事だと思います」と助言した。

試合詳細へ勝敗表へ記事をもっと読む

  • 早大との全勝対決を制し、4季ぶり17度目の優勝を決めた明大フィフティーン=秩父宮