2019.12.1 16:26

明大・田中監督、早明戦制し全勝V「自信になるし、大学選手権にいい弾み」/関東対抗戦

明大・田中監督、早明戦制し全勝V「自信になるし、大学選手権にいい弾み」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
早大に勝利し、スタンドにあいさつする明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)

早大に勝利し、スタンドにあいさつする明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)【拡大】

 関東大学対抗戦の早大と明大の伝統の一戦“早明戦”が1日、秩父宮ラグビー場で行われ、明大が早大を36-7(前半10-7)で下し、4年ぶり17度目の優勝を果たした。1994年以来25年ぶりとなった全勝対決で例年以上に注目された一戦に、超満員の秩父宮が沸き上がった。

 田中澄憲監督(43)の一問一答は以下の通り。

 --後半に一気に突き放した。チームはどこが変わった

 「我慢強くアタックとディフェンスをし続けた結果だと思います」

 --後半開始早々のトライ

 「ここ2試合くらい、後半の入りの部分でいいプレーができていなかったので、特にこのゲームはそういうところを意識してやろうと。本当に選手たちが体現してくれた」

 --早大に勝って、対抗戦全勝優勝

 「本当に久しぶりだと思いますので、チームにとっても自信になりますし、大学選手権に向けていい弾みになるんじゃないかと思います」

 --大学選手権連覇に向けてポイントは

 「ここから大きく成長するというのはなかなか難しいと思うので、細かいところをしっかりこだわって、一戦一戦勝ち続けていきたいと思います」

HO武井の話「(後半2T)チームとして取れたトライだと思います。前半厳しい展開になることは予想できていたので、そこで我慢強くディフェンスできたことが、きょうはよかったと思います」

SO山沢の話「自分のプレーとしてはまだまだ満足いっていない部分が多くて、ミスも多かったですし、ゲームメイクもまだまだだったので、修正していきたいと思います」

試合詳細へ勝敗表へ記事をもっと読む

  • 前半トライを決める明大・箸本=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 前半先制トライが決まり、歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 後半トライを決める明大・武井=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 後半武井(2)がトライを決め、歓喜する明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・福島範和)
  • 後半安のトライに沸く明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
  • 早大に勝利し、抱き合う明大フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)