2019.12.1 05:01

有終5トライ!慶大、9季ぶり帝京大撃破/関東対抗戦

有終5トライ!慶大、9季ぶり帝京大撃破/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
前半、トライを決める慶大・浜野(下)。9季ぶりに帝京大を破った

前半、トライを決める慶大・浜野(下)。9季ぶりに帝京大を破った【拡大】

 関東大学ラグビー(30日、秩父宮ラグビー場ほか)対抗戦では、慶大が帝京大を29-24で破り、2010年以来の白星で3勝4敗とした。4勝3敗の帝京大も同年以来の対抗戦3敗となった。6戦全勝の早大と明大のほか同率3位の帝京大、筑波大が大学選手権に進出した。

 大学選手権進出を断たれていたタイガー軍団が、最後に牙をむいた。FL川合が前半に2トライを奪って逆転。勢いに乗って計5トライを挙げ、5点差で逃げ切った。副将の川合は、シーズン終盤はリザーブのCTB栗原主将に代わりゲーム主将を務めることが多かった。「4年間、積み上げてきたものを出すことしか考えていなかった。後輩たちに、何か気づかせるものを残せたならうれしい」と、“ラストゲーム”の意義を口にした。

試合結果へ試合日程へ