2019.12.1 05:00

【記者もバチバチ“早明戦”】明大、“将来の日本代表”今季SO転向・山沢が鍵

【記者もバチバチ“早明戦”】

明大、“将来の日本代表”今季SO転向・山沢が鍵

最近10年の早明戦成績

最近10年の早明戦成績【拡大】

 キーマンは将来の日本代表としても期待されるSO山沢だ。今季FBから転向した大器は、抜群のキック力が魅力。対抗戦トップタイの9トライを挙げているWTB山崎、FB雲山の決定力を生かし、“ルーキー司令塔”が勝利へと導く。

 山沢のキックで敵陣に進めば、「重戦車」と称されるFWが前へ、前へと突き進む。強力スクラムは今年も健在。中でも注目は、今季全戦で先発する片倉と箸本の3年生LOコンビ。片倉は190センチの長身に加え、何より研究熱心な“ラインアウトマスター”。箸本は11月の青学大戦でNO・8として出場するなど突破力が光り、リーダーシップにも優れる。

 主将のHO武井、PR安も技術が高く、走力も光る。強くて動けるFWが力を出し切れば、勝機は限りなく高まる。 (ラグビー担当・阿部慎、明大OB)

試合日程へ