2019.11.30 17:09

明大・武井主将、伝統の一戦に闘志「勝たないといけない」/関東対抗戦

明大・武井主将、伝統の一戦に闘志「勝たないといけない」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
取材に応じた明大主将のHO武井日向(4年)=東京・八幡山グラウンド

取材に応じた明大主将のHO武井日向(4年)=東京・八幡山グラウンド【拡大】

 関東大学対抗戦であす12月1日に早大との全勝対決に臨む明大が30日、午前中に約1時間汗を流した。練習後に取材に応じたHO武井日向(ひなた)主将(4年)は、「出るメンバー関係なく、すごくいい準備をしてくれた。チームとして最高の準備できた」と自信を見せた。1994年以来25年ぶりの全勝対決。「僕自身はそこまで全勝対決は意識していないが、やっぱり早明戦。全勝対決じゃなくても、絶対負けてはいけない試合。しっかり勝ちたい」と闘志を燃やした。

 伝統的な強さを持つ早大の強力BKは今年も健在。主将のSH斎藤直人、SO岸岡智樹(ともに4年)のHB団を中心にゲームを組み立て、決定力も光る。武井主将は早大に対し、「BKの充実もそうだが、今年はFWも力を持っているし、セットプレーに自信を持っている。勝敗を分けると思うので大事になる」とセットプレーでの圧倒を必勝のカギに掲げた。

 「どっちが勝つかわからない。何が起こるかわからない。勝ちきることに意味があるし、勝たないといけないのが明治大学」

 勝てば4年ぶりの優勝、単独優勝に限れば98年以来21年ぶりとなる栄冠へ、進化を続ける大学王者が、前へ突き進む。

試合詳細へ試合日程へ勝敗表へ