2019.11.27 18:58

早大SO岸岡、明大戦は「走って勝たないといけない」/関東対抗戦

早大SO岸岡、明大戦は「走って勝たないといけない」/関東対抗戦

特集:
関東大学対抗戦
取材に応じた早大のSO岸岡=東京・杉並区

取材に応じた早大のSO岸岡=東京・杉並区【拡大】

 関東大学対抗戦で2連覇を目指す早大のBKが27日、午後4時から同校のグラウンドで調整しタックル練習などで汗を流した。SO岸岡智樹(4年)は、「明治がセットプレーが強いことは明らか。僕としてはキックの使い方、あとはいかにセットプレーを減らすかが大事」と語った。昨年は対抗戦で31-27で勝利しながら、大学選手権準決勝では27-31で敗れた。伝統的に強い敵FWは、フィットネス能力も高い。25年ぶりの全勝対決となる一戦へ向けて、「自分たちは簡単に言うと走って勝たないといけない」と力を込めた。