2019.11.27 05:02

7人制ラグビー、五輪チケット申し込みが1次の2倍以上!W杯で人気急騰

7人制ラグビー、五輪チケット申し込みが1次の2倍以上!W杯で人気急騰

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、26日の正午を前に五輪のチケット2次抽選販売の申し込み受け付けを終了し、大きなトラブルなく終了したと発表した。開閉会式とほぼ全競技のチケットを対象とした2次抽選は、W杯での日本代表の活躍で注目されたラグビー7人制の申し込みが、5月の1次販売に比べて大幅に増えた。

 100万枚以上を販売する今回、受付を開始した13日未明からの累計アクセスは約645万。申し込みに必要なIDの登録者数は、締め切り時点で817万4768に上った。最もこみ合ったのは初日の13日夕方で、最大は午後5時45分ごろの8200人待ちと、同6時15分ごろの55分待ち。組織委は「順調に運営できた」と評価した。

 累計アクセスが1次販売の2425万に比べて減るなど落ち着いた状態の中、人気を集めたのが、五輪では7人制で行われるラグビー。組織委では、まだ詳細な分析を終えておらず具体的な数字はないとしながらも、申し込み数は「1次とは明らかに変わっており、2倍どころじゃなかった。W杯の影響と思われる」と驚いていた。

 抽選結果は12月18日未明から順次通知され、購入手続きは来年1月10日午後11時59分に締め切られる。 (只木信昭)