2019.11.27 17:16

「捨てられたイングランド代表のスター、サンウルブス加入」NZメディア報じる/SR

「捨てられたイングランド代表のスター、サンウルブス加入」NZメディア報じる/SR

来季スローガンを発表し、会見するヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ・大久保直弥ヘッドコーチ=東京・高輪(撮影・戸加里真司)

来季スローガンを発表し、会見するヒト・コミュニケーションズ サンウルブズ・大久保直弥ヘッドコーチ=東京・高輪(撮影・戸加里真司)【拡大】

 スーパーラグビー(SR)の日本チーム「サンウルブズ」を運営するジャパンエスアールは26日、参入5年目となる2020年の第1次メンバー15人を発表した。メンバーの中には元イングランド代表で、ワールドカップ日本大会の代表メンバー入りを直前で逃した仏トゥーロン所属のCTBベン・テオ(32)が入った。

 ニュージーランドのニュースサイト「スタッフ」は27日、「捨てられたイングランドのスター、スーパーラグビーのサンウルブス加入」との見出しで、「ニュージーランド出身のイングランドのスター、ベン・テオがスーパーラグビーで最終シーズンを迎えるサンウルブスと契約した」と報じた。

 同サイトは「32歳のテオは、ワールドカップ日本大会へ向けたイングランド代表のトレーニングキャンプの最終週にチームメイトと激しい口論となって除外された後、エディ・ジョーンズ率いるイングランド代表メンバーから脱落した」とした。ニュージーランド首都オークランド出身のセンターは、8月にフランスのクラブ、トゥーロンと短期契約を結んだ。