2019.11.17 16:10

大阪桐蔭、全国連覇に挑戦 主将の奥井「花園で個性を爆発させたい」

大阪桐蔭、全国連覇に挑戦 主将の奥井「花園で個性を爆発させたい」

大阪第1地区で優勝を決めて喜びを爆発させる大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・森田達也)

大阪第1地区で優勝を決めて喜びを爆発させる大阪桐蔭フィフティーン=花園ラグビー場(撮影・森田達也)【拡大】

 来月開幕する第99回全国高校ラグビー大会の出場校を決める大阪3地区の決勝が17日、東大阪市の花園ラグビー場で行われ、第1地区は前回全国制覇の大阪桐蔭が大阪朝鮮高を66-5で下し、8大会連続14度目の全国大会出場を決めた。

 前回の全国大会で初優勝した大阪桐蔭は序盤から主導権を握り、計10トライを奪って快勝。8大会連続の出場を決め、目標に掲げる「花園連覇」への挑戦権を得た。綾部監督は「去年のチームより波があって弱い。あと1カ月でどう鍛えるか」と気を引き締めた。

 前半開始から10分で4トライを挙げ、一気に勢いに乗った。主将でナンバー8の奥井は「それぞれの個性がかみ合えば、いいアタックができるチーム。花園で個性を爆発させたい」と活躍を期した。