2019.11.2 20:07

南アフリカ、史上初1次リーグ2位からV!NZに並ぶ3度目の世界一

南アフリカ、史上初1次リーグ2位からV!NZに並ぶ3度目の世界一

後半、トライを決め吠える南アフリカのチェスリン・コルビ=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)

後半、トライを決め吠える南アフリカのチェスリン・コルビ=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)【拡大】

 ラグビーのW杯決勝は2日、横浜市の日産スタジアムで行われ、世界ランキング3位の南アフリカが同1位のイングランドを32-12で退け、2007年以来3大会ぶり3度目の優勝。ニュージーランドが持つ大会最多優勝に並んだ。南アフリカは1次リーグB組を2位で通過しており、史上初めて1次リーグ2位からの優勝国となった。

 前半は南アフリカがSOハンドレ・ポラードの4PG、イングランドはCTBオーウェン・ファレル主将の2PGと、互いにトライはなく、南アフリカが12-6とリードして折り返した。

 後半も、スクラムでこの日4度目のコラプシングでPKを得た南アフリカが、5分にポラードの5本目のPGでリードを広げた。11分にはファレルが3本目のPGを返し、イングランドが9-15と追いすがる。さらに1本ずつPGを追加した後の26分、南アフリカがついにトライラインを越えた。

 WTBマカゾレ・マピンピが相手背後に上げた小さなパントを味方が取り、再びマピンピが受けてトライ。1995、2007年と決勝に出て優勝している南アフリカにとって、これが決勝で奪った初トライとなった。さらに33分には、イングランドのノックオンから切り返し、足首の負傷から復帰したWTBチェスリン・コルビが35メートルを走り切って決定的なトライを決めた。

 第10回となる次回大会は2023年9月8日から10月21日まで、フランスで開催される。

試合結果へ

  • 優勝しエリスカップを掲げ喜ぶシヤ・コリシ(中央)ら南アフリカ代表=日産スタジアム(撮影・松永渉平)
  • イングランド代表に勝利し優勝した南アフリカ代表の選手ら=2日午後、横浜市の日産スタジアム(撮影・納冨康)
  • 試合に勝ち、喜ぶ南アフリカの選手=日産スタジアム(撮影・中井誠)
  • 後半、トライを決める南アフリカのチェスリン・コルビ=日産スタジアム(撮影・山田俊介)
  • 後半、マカゾレ・マピンピ(中央)のトライを喜び合う南アフリカフィフティーン=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 後半、突進しトライを決める南アフリカ・マカゾレ・マピンピ=日産スタジアム(撮影・山田俊介)