2019.10.15 12:51

1次リーグ総観客動員128万人、最多は日本-スコットランドの6万超/ラグビーW杯

1次リーグ総観客動員128万人、最多は日本-スコットランドの6万超/ラグビーW杯

 ラグビーW杯日本大会組織委員会は15日、1次リーグ40試合の総観客動員が128万38人だったと発表した。1位は日本が史上初の8強進出を決めたスコットランド戦(13日、横浜市・日産スタジアム)の6万7666人で、2位がアイルランド-スコットランド(9月22日)の6万3731人、3位がB組屈指のカードだったニュージーランド-南アフリカ(同21日)の6万3649人で、収容人員の多い日産スタジアムの3試合が上位を占めた。

 また、全国16カ所で行われた無料のファンゾーンの来場者は、86万4000人に達したと発表した。