2019.10.14 17:55

松島、大会最多トライ数予想で全体2位に浮上「4・5倍」、福岡は5位/ラグビーW杯

松島、大会最多トライ数予想で全体2位に浮上「4・5倍」、福岡は5位/ラグビーW杯

前半、トライを決める日本・松島=日産スタジアム(撮影・門井聡)

前半、トライを決める日本・松島=日産スタジアム(撮影・門井聡)【拡大】

 9月20日に開幕したラグビー・ワールドカップ日本大会は13日、1次リーグ予選の全日程を終了し、19日に始まる決勝トーナメントに出場にする8カ国が出揃った。初のベスト8入りを決めた日本代表のWTB松島幸太朗(26)=サントリー=はスコットランド戦で1トライをマークし、ここまで大会計5トライでウェールズ代表のWTBジョッシュ・アダムス(24)と並んでトップ。同試合で2トライを奪った日本代表WTBの福岡堅樹(27)=パナソニック=は、計4トライで、予選敗退したアルゼンチン代表HOフリアン・モントジャ(25)と並んで同3位につけている。

 英大手ブックメーカー「ウィリアムヒル」による大会最多トライ選手予想は、日本時間14日午後5時現在、アダムスが「2・1倍」で筆頭。ウェールズは20日に行われる準々決勝でフランスと対戦する。2位は「4・5倍」で松島。「9倍」で、現在3トライ(他7人)の南アフリカ代表WTBマカゾレ・マピンピ(29)が続く。福岡は「13倍」で全体5位につけている。

大会日程へ勝敗表へ出場国へ

  • 後半、突進し、トライを決める日本・福岡(26ー7)=日産スタジアム(撮影・蔵賢斗)
  • 前半、トライを決める日本・福岡=日産スタジアム(撮影・門井聡)