2019.10.14 17:25

ジョセフJは台風の影響を受けながらも「彼らの力量が本物であることを示した」/ラグビーW杯

ジョセフJは台風の影響を受けながらも「彼らの力量が本物であることを示した」/ラグビーW杯

試合前、台風の被害に黙祷する日本代表=日産スタジアム(撮影・松永渉平)

試合前、台風の被害に黙祷する日本代表=日産スタジアム(撮影・松永渉平)【拡大】

 ラグビー・ワールドカップ日本大会1次リーグA組(13日、日本28-21スコットランド、日産ス)歴史的勝利に日本を指揮するジェイミー・ジョセフHC(49)はコーチ陣らと握手を交わし、安堵(あんど)の表情を浮かべた。同HCは、猛烈な台風19号により被災した人への気持ちを選手たちに伝えてグラウンドに送り出した。

 この日の全3試合で黙祷(もくとう)がささげられた。FLリーチ主将らは仲間と肩を組んで、静かに目を閉じた。英紙ガーディアン(電子版)は13日、「日本、台風被害に直面する状況下でその挑戦の態度と技能を世界に示す」との見出しで、「ブレイブ・ブロッサムスは最も難しい状況の中、スコットランド相手に高いパフォーマンスを見せて彼らの力量が本物であることを示した」と報じた。

 同紙は、日本ースコットランド戦は台風19号が日本列島を通り過ぎてまだほんの数時間後に行われ、被害にあった地域の氾濫した洪水は収まらず、救助活動は続き、修復作業は開始すらできない困難な状況下で実施されたことを伝えた。

試合結果へ大会日程へ勝敗表へ

  • スコットランドを破り、ラブスカフニ(左)と抱き合って喜ぶジョセフ・ヘッドコーチ=日産スタジアム
  • 記念撮影におさまる日本代表フィフティーンら=日産スタジアム(撮影・山田俊介)