2019.10.13 05:03(1/2ページ)

出られなかった戦士の思い込め桜の凱歌!山本が仲間に残した替え歌「ビクトリーロード」/ラグビーW杯

出られなかった戦士の思い込め桜の凱歌!山本が仲間に残した替え歌「ビクトリーロード」/ラグビーW杯

「ビクトリーロード」を“作詞”した山本。勝利後の熱唱を熱望している

「ビクトリーロード」を“作詞”した山本。勝利後の熱唱を熱望している【拡大】

 日本代表には、試合や練習の後に歌うチームソング「ビクトリーロード」がある。米国のフォークソング「カントリーロード」の替え歌で、歌詞を考えたのは最終候補に残りながらもW杯出場がかなわなかったPR山本幸輝(28)=ヤマハ発動機。初の8強入りに挑むチームが、歌詞の通り笑える日が来ることを信じている。

 チームソングが生まれたのは2月から行われた代表合宿。ジョセフHCが「みんなで歌える歌が欲しい」と提案したのがきっかけだ。

 「任せてもらった以上は、やらなあかん」。山本は同室のPR三上正貴(31)=東芝=に相談。外国出身選手も歌いやすく、みんなが知っている歌として思い浮かんだのがアニメ映画「耳をすませば」の挿入曲としても知られる「カントリーロード」だった。

【続きを読む】