2019.10.12 05:03(1/2ページ)

ロシア戦以来!リーチ、主将復帰先発「鬼になる」/ラグビーW杯

ロシア戦以来!リーチ、主将復帰先発「鬼になる」/ラグビーW杯

5日のサモア戦で突進するリーチ(中央)。準々決勝をかけた決戦には主将として臨む

5日のサモア戦で突進するリーチ(中央)。準々決勝をかけた決戦には主将として臨む【拡大】

 ラグビー・日本代表合宿(11日、東京都内)13日の1次リーグA組最終戦(日産スタジアム)に向けて、日本とスコットランドがそれぞれ登録メンバーを発表。初の8強入りをかける日本は、主将のFLリーチ・マイケル(31)=東芝=がロシアとの開幕戦(9月20日)以来となるゲーム主将に復帰した。大型で非常に強い台風19号の影響で、12日に予定されていた2試合は既に中止が決まっている。

 正々堂々、勝利で初の8強に進む。普段は温厚なリーチがギラギラした目つきで力を込めた。

 「ティア1(W杯8強級の強豪国)に勝つために、優しい気持ちは必要ない。鬼にならないといけない」

 過去1勝10敗。前回の2015年イングランド大会では10-45と大敗した因縁の相手だ。燃えないわけがない。相手に対して、そしてチームに対しても厳しい姿勢で最終戦に臨む。

 ロシアとの開幕戦は先発出場したが、精彩を欠いた。アイルランド戦はリザーブ待機、前戦のサモア戦は先発復帰もゲーム主将は他の選手に譲った。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)が主将の負担を軽減するために取った措置だった。

【続きを読む】

  • 会見では「鬼になる」と厳しい表情を崩さなかった(撮影・甘利慈)