2019.10.11 17:54

下半身露出の豪男性に罰金 大分のラグビーW杯会場

下半身露出の豪男性に罰金 大分のラグビーW杯会場

 大分区検は11日、ラグビー・ワールドカップ(W杯)の会場で下半身を露出したとして公然わいせつ罪で、オーストラリア国籍の男性(24)を略式起訴した。大分簡裁は同日、罰金15万円の略式命令を出した。

 男性は5日午後、W杯1次リーグのオーストラリア対ウルグアイ戦が行われていた大分市の昭和電工ドーム大分で、下半身を露出して走り回ったとして逮捕されていた。当時酒を飲んでいたという。