2019.10.11 05:04(1/2ページ)

ラグビーW杯、台風で12日の2試合中止…13日日本戦は当日朝判断

ラグビーW杯、台風で12日の2試合中止…13日日本戦は当日朝判断

2試合の中止を発表した大会組織委員会などの会見。大会史上初の事態に、重苦しい雰囲気となった

2試合の中止を発表した大会組織委員会などの会見。大会史上初の事態に、重苦しい雰囲気となった【拡大】

 大型で猛烈な台風19号が、ラグビーの祭典ものみ込んだ。国際統括団体のワールドラグビー(WR)とW杯日本大会組織委員会は10日、安全面などを考慮して12日に愛知・豊田スタジアムと横浜・日産スタジアムで行われる予定だった1次リーグ2試合を中止すると発表した。試合中止は9度の開催で大会史上初。日本の8強進出がかかるスコットランド戦(日産ス)など、13日の4試合にも影響が及ぶ可能性がある。

 五輪、サッカーW杯と並ぶ“世界3大スポーツ大会”も自然の猛威には勝てなかった。台風19号の影響で、いずれも12日開催予定だった1次リーグC組のイングランド-フランス(日産ス)、B組のニュージーランド-イタリア(豊田)の2試合が中止となった。

 「決定は軽々に行ったものではない。安全に対する配慮を最優先した」

 大会の統括責任者でWRのアラン・ギルピン最高執行責任者(COO)は苦い表情で話した。1987年に始まり9度目の開催となるW杯で、試合中止は史上初。2試合は引き分け扱いで各勝ち点2が与えられ、B組はNZの8強入りが決まり1位で通過、南アフリカが2位で、勝てば準々決勝進出の可能性があったイタリアは敗退。C組はフランスが1位通過の機会を閉ざされた形となり、イングランドの1位通過が確定した。

 A組で同じ12日のアイルランド-サモア(福岡・レベルファイブスタジアム)は、予定通り実施される。

 大会規則には1次リーグの試合が予定日に開催できない場合、延期せず中止となる旨が明記。中止しても興行中止保険が適用され、主催者の経済的損失は少ない。運営側は昭和電工ドーム大分などを候補に他会場で無観客による開催、日程の変更などを検討したが、宿泊施設、ボランティアや警備員の確保など課題は多く、移動を含めてチームの負担増も避けられない。「平等性、一貫性が担保できない」(ギルピン氏)として規則に沿った結論に落ち着いた。

【続きを読む】

  • 10日午後3時40分現在の台風19号。接近による影響が懸念されている(気象庁提供)
  • 記者会見で2試合の中止を発表するラグビーW杯日本大会組織委員会の嶋津昭事務総長=10日午後、東京都内
  • 記者会見で2試合の中止を発表するラグビーW杯統括責任者のアラン・ギルピン氏=10日午後、東京都内
  • 記者会見で2試合の中止を発表するラグビーW杯日本大会組織委員会の嶋津昭事務総長(右)=10日午後、東京都内
  • 愛知県豊田市の豊田スタジアム
  • 横浜市の日産スタジアム
  • 12,13日のラグビーW杯