2019.10.7 05:02(1/2ページ)

【W杯ウォッチャー】“ラグビー登山家”長沢奏喜氏、4万人姫野コールに感動!

【W杯ウォッチャー】

“ラグビー登山家”長沢奏喜氏、4万人姫野コールに感動!

特集:
W杯ウォッチャー
今年8月、富士山に登頂してトライした際の長沢さん。奥にはエリス・カップも (長沢氏提供)

今年8月、富士山に登頂してトライした際の長沢さん。奥にはエリス・カップも (長沢氏提供)【拡大】

 “ラグビー登山家”として今大会を盛り上げる独自の活動を展開している長沢奏喜(そうき)氏(34)が、前日5日のサモア戦を観戦した。勤務先を退職して2017年からW杯過去8大会に出場した25カ国の最高峰にラグビーボールを持って登り、山頂にトライしてきた長沢氏。日本の勝利はもちろん、今年1月に登山で訪れたサモアの選手たちのプレーにも感銘を覚えたようだ。

 登山靴、バッグを背負ってスタジアムで観戦しました。臨場感がすごい。地元出身の姫野選手がトライを決めると、「姫野!姫野!」の大歓声。僕は彼が卒業した中部大春日丘高がある春日井市の出身。4万人が一選手を応援するのは、本当にすごいことです。

【続きを読む】

  • 観戦に訪れたラグビー登山家の長沢氏。相手のサモアにも感銘を受けた(撮影・蔵賢斗)