2019.9.21 22:07

NZが3連覇へ白星発進 指揮官「勝負どころでタックルが決められた」/ラグビーW杯

NZが3連覇へ白星発進 指揮官「勝負どころでタックルが決められた」/ラグビーW杯

ラグビーW杯の南アフリカ戦の前半、トライを決めるニュージーランド・ブリッジ=横浜市の日産スタジアム

ラグビーW杯の南アフリカ戦の前半、トライを決めるニュージーランド・ブリッジ=横浜市の日産スタジアム【拡大】

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会第2日は21日、横浜市の日産スタジアムなどで1次リーグ3試合が行われ、B組は史上初の3連覇を狙うニュージーランドが2度優勝の南アフリカを23-13で下し、白星発進した。

 ニュージーランドは前半、バックス陣の突進力で2トライを奪い、17-3とリード。後半はノートライだったが南アフリカの反撃をしのぎ、第1回大会から続く1次リーグの無敗を守った。ニュージーランドは勝ち点4、南アフリカは同0。

ニュージーランド・ハンセン監督の話「こういった試合で勝てて非常にうれしい。修正するところはたくさんあるが、選手は気持ちを見せてくれたし、チャンスをつかんだ。勝負どころでタックルが決められた」

南アフリカ・エラスムス監督の話「反則が多かった。規律の部分でうまくいかなかった。ニュージーランドは決勝に行くと思う。われわれも修正したい」

試合結果へ大会日程へ勝敗表へ

  • 試合後、握手を交わす両軍の選手=日産スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 前半、タックルを受けながらも前進するニュージーランド・サベア=日産スタジアム(撮影・松永渉平)
  • 試合前のハカを行うニュージーランド代表=日産スタジアム(撮影・松永渉平)