2019.9.14 05:01

W杯キャップに必勝誓った!東京都庁で「ウエルカムセレモニー」

W杯キャップに必勝誓った!東京都庁で「ウエルカムセレモニー」

選手たちはW杯メンバーに贈られる記念キャップをかぶり、記念撮影に臨んだ

選手たちはW杯メンバーに贈られる記念キャップをかぶり、記念撮影に臨んだ【拡大】

 ラグビー・日本代表合宿(13日、東京都内)東京都庁で行われた歓迎行事「ウエルカムセレモニー」では、国際統括団体ワールドラグビーのボーモント会長から31選手にW杯キャップが贈られた。3度目の出場となるSH田中は「(キャップに)日本大会という刺繍(ししゅう)が入っているのがうれしい。あと1週間で試合なので興奮している」とロシア戦が待ち遠しそう。8強入りへ「まず開幕戦に勝つこと」と必勝を期した。

★キャップ

 国・地域の代表戦を示す「テストマッチ」の出場回数を表す単位。試合に出た選手に帽子(キャップ)を贈った英国の習慣に由来する。W杯では出場メンバー全員に参加記念品として贈呈。キャップには大会のロゴマークがあしらわれる。

ウエルカムセレモニー

 W杯の公式行事の1つで、各チームが開催国入りして日を置かず、合宿地近辺の文化施設などで行われる歓迎式典。この日はアイルランドが千葉市内、フィジーが北海道網走市内で式典に参加。14日にはニュージーランドが東京・港区の増上寺、日本の開幕戦の相手・ロシアはさいたま市内で歓迎を受ける。

試合日程へ代表メンバーへ

  • ダルマに目入れするリーチ・マイケル(右)。左は小池百合子都知事=東京都庁(撮影・山田俊介)
  • スピーチをするリーチ・マイケル=東京都庁(撮影・山田俊介)
  • 森重隆会長(左)と握手をかわすジョセフ・ヘッドコーチ=東京都庁(撮影・山田俊介)