2019.9.13 05:00

【ラグビー豆知識】名勝負(1)日本3-6イングランド

【ラグビー豆知識】

名勝負(1)日本3-6イングランド

特集:
ラグビー豆知識

 1971年9月28日に東京・秩父宮で日本がイングランドと両軍ノートライの大接戦を演じた、代表史上最高試合の一つ。知将、大西鉄之祐監督が早大監督時代に築いた「展開、接近、連続」の理論の集大成ともいえる。

 同24日の第1戦に19-27と善戦。期待を膨らませた2万3000人の観衆が詰め掛け、グラウンドの中まで観客が誘導された。体を張ったタックルで前半を2PGに抑えて折り返す。後半は何度も相手ゴール前に迫った。1PGを返したキッカーはテレビドラマ「スクール☆ウォーズ」の主人公のモデルとして知られる山口良治だった。