2019.9.13 05:00

【桜をまとう31戦士】レメキ、強い足腰&俊敏性生かしたスキルで高い決定力

【桜をまとう31戦士】

レメキ、強い足腰&俊敏性生かしたスキルで高い決定力

特集:
桜をまとう31戦士
レメキ・ロマノラヴァ

レメキ・ロマノラヴァ【拡大】

 2014年に日本国籍を取得したWTBレメキ。達者な日本語で、日本選手と外国選手の潤滑油になっている。

 16年リオデジャネイロ五輪の7人制、1次リーグのニュージーランド戦では難しい角度から2点差での勝利を決める決勝ゴールに成功。同大会4位に貢献した。同年11月に15人制でも初キャップを獲得。強い足腰と俊敏性を生かしたランニングスキルで決定力は高い。

 両親はトンガ人。出身はニュージーランド・オークランドで、オーストラリアの高校を出て19歳で来日。人懐っこい性格で「おしゃべり」と自己分析する。12年に結婚した妻・恵梨佳さんとの間に息子3人に加え、7月19日に長女サニーちゃんが誕生したばかり。「女の子を待ち望んでいたからうれしい」。W杯で張り切る理由が増えた。

レメキ・ロマノラヴァ(Lemeki Lomano Lava)

 1989年1月20日生まれ、30歳。ニュージーランド・オークランド出身。オーストラリア・ランコーン高-キヤノン-マツダ-ホンダ。日本代表キャップ11。177センチ、92キロ。

試合日程へ代表メンバーへ