2019.9.12 18:10

フランス代表、生徒と交流 合宿地山梨でパス回し披露

フランス代表、生徒と交流 合宿地山梨でパス回し披露

 20日開幕のラグビー・ワールドカップ(W杯)日本大会に出場するフランス代表が12日、事前キャンプ地の山梨県富士河口湖町で学校を訪問し、大会公式ボールで生徒らとパス交換するなど交流を楽しんだ。

 河口湖南中ではフランス代表選手3人と、生徒約170人などが参加。ラグビー部員を交えて華麗なパス回しを披露した。同中3年の戸嶋大地さん(15)は「同じポジションの憧れの選手にパスができた。公開練習も見に行きたい」と笑顔を浮かべた。県立ふじざくら支援学校では、生徒らが富士山を描いて作った横断幕をチームに贈った。

 フランス代表は公認キャンプも同町などで行う。チームは21日、東京スタジアム(東京都調布市)で、アルゼンチン代表と初戦を迎える。

大会日程へ出場国へ