2019.9.12 05:01

伊代表NO・8パリッセ、5大会目のW杯へ菅平で軽快「いい環境」

伊代表NO・8パリッセ、5大会目のW杯へ菅平で軽快「いい環境」

イタリアのFW陣はセットプレーを確認。菅平で最終調整する

イタリアのFW陣はセットプレーを確認。菅平で最終調整する【拡大】

 ラグビーのW杯に出場するイタリアが11日、長野・菅平高原で来日後初の公開練習を行った。歴代最多タイとなる5大会目のW杯出場となる主将のNO・8パリッセを中心に約1時間半、軽快に汗を流した。

 「いい環境で練習ができている」と12日に36歳の誕生日を迎えるパリッセは、日本ラグビーの聖地での練習環境に満足げだった。

 チームは6日に英国でイングランドとのテストマッチを終え、8日夜に菅平入りしたばかり。22日の1次リーグ初戦のナミビア戦(花園)に向け、オシェイHCは「私も含めて、体内時計が欧州時間のまま。まずは時差と気候に適応することを重視している」と時差調整の大切さを口にした。

 この合宿では、イタリア製寝具ブランド「マニフレックス」の全面サポートを受け、宿舎のマットレスや枕などを同社製品でそろえるなど、調整に万全を期している。

大会日程へ勝敗表へ出場国へ