2019.9.10 05:00

【桜をまとう31戦士】“先頭に立ち続ける男”流大、夢の舞台でも!

【桜をまとう31戦士】

“先頭に立ち続ける男”流大、夢の舞台でも!

特集:
桜をまとう31戦士
流大

流大【拡大】

 人一倍声を張り、チームを鼓舞する。先頭に立って練習を引っ張るSH流の姿勢は、合宿では見慣れた光景となった。

 「小中学生の頃にはすでに、日本代表になりたいと思っていた」

 原点は熊本・荒尾高時代。学年では数少ない競技経験者で、1年生ながらレギュラーをつかんだ。上級生に対しても、正しいと思ったことはキッパリと言った。「上級生からはよく思われていないと思う」と語るが、全てはチームのために。恩師と慕う徳井清明監督(52)の「周りに誇れるような行動をしろ」という言葉が支えになった。

 帝京大、サントリーで主将を歴任。伝統あるチームで、堂々と先頭に立った。日本代表でもリーダーグループの一員として信頼を得る。「あとはもうやるだけ」。流が大舞台を駆け回る。

流 大(ながれ・ゆたか)

 1992(平成4)年9月4日生まれ、27歳。福岡・久留米市出身。熊本・荒尾(現岱志=たいし)高-帝京大-サントリー。日本代表キャップ19。166センチ、71キロ。

試合日程へ代表メンバーへ