2019.9.2 05:02

帝京大、78点発進!新人・李承信が31点/関東対抗戦

帝京大、78点発進!新人・李承信が31点/関東対抗戦

ゴールキックを狙う帝京大CTB李承信(右)。対抗戦デビューでマン・オブ・ザ・マッチも獲得した

ゴールキックを狙う帝京大CTB李承信(右)。対抗戦デビューでマン・オブ・ザ・マッチも獲得した【拡大】

 関東大学ラグビー(1日、長野菅平高原スポーツランド)対抗戦9連覇を狙う帝京大は1年生CTB李承信(イ・スンシン、大阪朝鮮高)が3トライ8ゴールでチーム最多の31点を挙げるなどして、成蹊大を78-7と圧倒した。慶大は青学大を35-3で退けた。リーグ戦は大東大が専大との競り合いを33-26で制し、昨季5位の日大が同4位の法大を34-12で破った。

 高校日本代表主将だったCTB李承信が先発で対抗戦デビュー。チーム最多の31得点で、この試合のMVPも獲得した。春季大会は4試合を経験し「余裕ができて、周りも見えるようになった」。HO堀江、SH流ら大学の先輩7人がW杯日本代表に選出。「直接お会いしたことはないが、岩出監督らから大学時代の取り組み方などをお聞きした。自分もW杯を目指している」と刺激にしていた。