2019.8.31 05:00

【ラグビー豆知識】ケンブリッジ・ルール、認められていた…すねを蹴って倒す「ハッキング」

【ラグビー豆知識】

ケンブリッジ・ルール、認められていた…すねを蹴って倒す「ハッキング」

特集:
ラグビー豆知識

 英ケンブリッジ大によると、19世紀初めまでは英国のパブリックスクールごとに独自のルールでフットボールが行われていた。各校からケンブリッジ大に進んだ学生たちが規則の統一を図ろうと、1848年に11カ条のルールを制定。木に貼り付けて周知を図った。

 このケンブリッジ・ルールではサッカーとラグビーが分派されておらず、球を手で捕ることができた。63年に球を持って走ることを認めないサッカーの規則が定められて協会(FA)が設立され、ラグビーと分かれて発展することになる。当時のラグビーは相手のすねを蹴って倒す「ハッキング」も認められていた。