2019.8.26 05:00

【ラグビー豆知識】カンペイ、半世紀前に日本が開発した作戦

【ラグビー豆知識】

カンペイ、半世紀前に日本が開発した作戦

特集:
ラグビー豆知識

 約半世紀前に日本が開発した画期的な作戦。当時は守備にほぼ専念していたFBをライン攻撃に参加させるプレーで、長野・菅平高原で練り上げられたことから菅平を音読みにしたカンペイを作戦名にした。

 早大が発案して日本代表でも採用された。元日本代表の横井章氏によると、約10年にわたってトライを取る必殺のサインプレーになった。

 日本代表には地名から名付けた作戦が他にあった。「ミヤザキ」は2011年ニュージーランド大会に向け、宮崎合宿で考案された。密集周辺にFWを集めた上にバックスのラインを二重に敷く。相手は誰がどこを攻めてくるか分からない。