2019.8.25 05:00

【ラグビー豆知識】ハーフタイム、風とフェアプレー

【ラグビー豆知識】

ハーフタイム、風とフェアプレー

特集:
ラグビー豆知識

 英・ラグビー校の競技の歴史を紹介する資料によると、前半と後半の間に挟むハーフタイムは、風とフェアプレーの精神によって生まれた。

 強風の日に同校で行われた試合で約40分が経過したころ、ラグビー校の主将が試合を止めて言った。「自分たちは追い風を受けてプレーしてきた。これはとても不公平だ」。彼は相手に試合の残りを追い風の中でプレーするよう提案。両チームは陣地を入れ替えた。

 これがハーフタイムの起源になったという。40分ずつの前後半が規則として最初に明文化されたのは1926年だった。