2019.8.23 05:00

【ラグビー豆知識】スクラム、プレーの起点…勝敗を大きく左右

【ラグビー豆知識】

スクラム、プレーの起点…勝敗を大きく左右

特集:
ラグビー豆知識

 軽微な反則などでプレーを再開するときに、双方のFWが組み合うこと。通常は1チーム8人で組むが、けがや反則で人数が変わる場合もある。東欧のチームは伝統的にスクラムでの強さに定評がある。

 プレーの起点となり、安定して組めるかどうかは勝敗を大きく左右する。力の差があれば、相手のインゴールまで押してトライを取ることもできる。2015年W杯イングランド大会の日本は大会前からスクラム強化に注力し、世界一2度の南アフリカを破るなど3勝につなげた。組む際に最前列の選手は首や腰に大きな負担がかかることから、近年は安全性を重視したルール変更が続いている。