2019.8.9 16:48

堀江「貪欲に勝ちにいく」日本代表、10日米国戦

堀江「貪欲に勝ちにいく」日本代表、10日米国戦

米国戦を前に調整する堀江(中央)ら=スバ(共同)

米国戦を前に調整する堀江(中央)ら=スバ(共同)【拡大】

 ラグビーの日本代表は10日、ワールドカップ(W杯)日本大会の前哨戦となるパシフィック・ネーションズカップ(PNC)最終戦の米国戦(スバ=フィジー)に臨む。9日はスバ中心部のグラウンドで調整し、3試合連続で先発するフッカー堀江(パナソニック)はパワフルな相手に対し「当たり負けしないようにすることがFWの鍵。W杯どうこうよりも、貪欲に勝ちにいきたい」と意気込みを語った。

 練習ではさまざまな場面からの攻撃を確認した。世界ランキング11位の日本はフィジー、トンガに連勝。同13位の米国も2連勝し、全勝対決となる。右太ももを痛めて今大会初出場となる先発のSH田中(キヤノン)は「強くなったチームになじめるようにプレーしたい。勝つことを第一に考えてやりたい」と決意した。

 過去の対戦成績は日本の9勝1分け13敗。母親が亡くなったためニュージーランドに一時帰国していたジョセフ・ヘッドコーチは9日にチームに合流し、試合の指揮を執る予定。(共同)

  • 米国戦を前に調整する田中(手前)とリーチ=スバ(共同)
  • 米国戦を前に調整するリーチ(右から2人目)ら日本代表=スバ(共同)
  • 米国戦を前に調整する田中(手前)ら=スバ(共同)
  • 米国戦を前に、練習でパスを出す田中=スバ(共同)
  • 米国戦を前に調整する日本代表=スバ(共同)
  • 米国戦を前に調整するリーチ(右から2人目)=スバ(共同)