2019.8.9 16:31

森会長「強くなった。かなりいい状態だ」日本代表へ期待感

森会長「強くなった。かなりいい状態だ」日本代表へ期待感

 9月20日に開幕するラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会に関連した講演会が9日、福岡市内で開かれ、日本ラグビー協会の森重隆新会長はパシフィック・ネーションズカップ(PNC)で2連勝した日本代表について「強くなった。かなりいい状態だ」と本大会へ期待感を示した。

 6月に就任した森会長は福岡市出身。集まった約350人を前に「競技人口、ファンの増加など問題は山積み。一つ一つ乗り越えて日本のラグビーのために力いっぱい頑張る」と、W杯後の課題へ向けた取り組みなどの決意を口にした。

 同席した東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は「(大会後に)日本のラグビーをどうするのか、誰がけん引するのかと考えた時に森さんだった」と話し、4月末に就任を打診したと明かした。子ども向けのスクールが多く、普及や選手強化に注力する福岡県を例に挙げ「スクールはぜひ徹底してやってもらいたい」と進言した。