2019.7.18 20:25

トヨタ選手を保釈 コカイン所持の罪で起訴

トヨタ選手を保釈 コカイン所持の罪で起訴

 コカインと大麻を所持したとして、麻薬取締法違反などの罪で起訴されたラグビー・トップリーグのトヨタ自動車に所属するイエーツ・スティーブン被告(35)=名古屋市名東区=が18日、保釈された。名古屋地裁岡崎支部が同日、保釈を認める決定をし、名古屋地検岡崎支部が準抗告したが棄却された。保釈保証金は300万円。

 イエーツ被告は勾留されていた愛知県警岡崎署前で「すみません、すみません」とだけ話して報道陣の質問には答えず、迎えの車に乗り込んだ。

 トヨタ自動車は今後、処分を検討するとしている。

 起訴状によると、イエーツ被告は6月27日、自宅でコカイン計約5・7グラムと大麻約0・7グラムを所持したとしている。