2019.7.9 05:01

代表合宿、第3クール開始 リーチ「びびった。へとへと」

代表合宿、第3クール開始 リーチ「びびった。へとへと」

練習終了後、疲れた表情のリーチ・マイケル=宮崎市(撮影・山田俊介)

練習終了後、疲れた表情のリーチ・マイケル=宮崎市(撮影・山田俊介)【拡大】

 ラグビー・日本代表合宿(8日、宮崎・シェラトングランデオーシャンリゾート)宮崎合宿の第3クールがスタートした。午前、午後の2部で戦術的な要素も深まる中、午後に行われた約40分間の攻防練習は、FLリーチ・マイケル主将(30)=東芝=が「びびった。へとへと」と漏らすほどハードな内容。今年最初のテストマッチとなるパシフィック・ネーションズ杯(PNC=27日開幕)へ、サバイバルも本格的に始まった。

 時折、強い雨が打ちつけた午後の練習。ラインアウトを起点に自陣からキックで脱出を図る約40分の攻防練習が、このクールから初めて取り入れられた。

 フィジカルを軸に鍛えた第1、2クールに比べ、より実戦的になったが、リーチが「一日でへとへと」と苦笑いしたほど中身は濃かった。40分で1試合分(80分)に匹敵する運動量を求められ「試合に近い状態でやれたが、こんな速いテンポのゲームはない」。第2クールまで行われた夜間練習はなくなり、「よかった」と歴戦の主将も胸をなで下ろした。

 前日のミーティングでジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(49)は「この合宿でPNCメンバー31人を選ぶ」と選手に伝えた。「試合より高い強度を与え、追い込まれた中で、選手がどう反応して判断するかを見たかった」と指揮官は練習の狙いを明かし、PNC、そして9月開幕のW杯日本大会に向けた競争意識を求めた。 (田中浩)

  • 練習を見守るジェイミー・ジョセフHC=宮崎市(撮影・山田俊介)
  • 突進するリーチ・マイケル=宮崎市(撮影・山田俊介)
  • ラグビー日本代表合宿で突進する福岡(左)=宮崎市
  • ラグビー日本代表合宿でパスを出す田中=宮崎市