2019.6.24 20:52

リーチ主将が実戦練習復帰「100%出し切りたい」 日本代表宮崎合宿

リーチ主将が実戦練習復帰「100%出し切りたい」 日本代表宮崎合宿

全体練習に参加した主将のFLリーチ・マイケル。精力的に体を動かした =宮崎・シェラトングランデオーシャンリゾート

全体練習に参加した主将のFLリーチ・マイケル。精力的に体を動かした =宮崎・シェラトングランデオーシャンリゾート【拡大】

 ラグビー日本代表の宮崎合宿は24日、第2クールが本格的にスタート。3月中旬の沖縄合宿から恥骨の炎症で別メニュー調整が続いていた主将のFLリーチ・マイケル(30)=東芝=が、約3カ月ぶりに全体練習に参加した。コンタクトプレーも行い、「フィットネスがチームのレベルと全く違うなと感じた。ただケガの具合はいい感じ」と語った。

 離脱期間中は、患部の状態が安定せず、良くなったり悪くなったりの繰り返しだった。当時の心境をリーチは、「ちょっと痛くなったとき、W杯大丈夫かなと考えたときもある」と吐露。代表辞退をジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)に告げないといけない可能性が、頭によぎることもあった。

 それでも気持ちを切らさず、地道なリハビリを重ねた。W杯まで残り90日。「まずは100%出し切って、体力を上げたい。PNC(パシフィック・ネーションズ杯)までにしっかり出れる準備をしないといけない。PNCで調子を上げて、W杯で100%出せるように」と頼もしく力を込めた。

  • 全体練習に参加し汗を流す日本代表主将のFLリーチ・マイケル(中央)=宮崎・シェラトングランデオーシャンリゾート