2019.6.18 05:01

被害の巡査にラグビー界エール!五郎丸「古瀬がんばれ!」

被害の巡査にラグビー界エール!五郎丸「古瀬がんばれ!」

 大阪府吹田市の千里山交番で古瀬鈴之佑巡査(26)が刃物で刺され拳銃が奪われた事件で、吹田署捜査本部は17日、強盗殺人未遂容疑で住所不定、職業不詳の飯森裕次郎容疑者(33)を逮捕した。

 交番で襲撃され、意識不明の重体となっている古瀬巡査は、ラグビーの強豪校として知られる佐賀県立佐賀工高、東海大でプレー。正義感の強いラガーメンへ、ラグビー界から激励のメッセージが送られている。

 2015年W杯で活躍した五郎丸歩(33)=ヤマハ発動機=は、佐賀工出身で古瀬巡査の先輩にあたる。自身のツイッターに「古瀬がんばれ!!」とメッセージを投稿した。

 同世代の選手で、現日本代表の流大(26)=サントリー=も、飯森容疑者の逮捕を受け、ツイッターに「あとは古瀬の回復を祈るのみ」と書き込んだ。

 ラグビー7人制日本代表で、古瀬巡査と同世代で東海大出身の林大成(26)も、同巡査の友人らに「あいつが回復してきたときにちょっとでも力なれるようにメッセージ送ろうぜ(原文ママ)」とツイートした。

 学校関係者によると、古瀬巡査は、選手としては小柄ながら俊足が持ち味。佐賀工では全国大会に出場。東海大では、2014年には国体ラグビー成年男子7人制で佐賀県選手団に選ばれ、優勝に導いた。