2019.6.12 14:03

W杯まで残り100日、リーチ主将「十分に時間はある」

W杯まで残り100日、リーチ主将「十分に時間はある」

首のトレーニングを行う主将のFLリーチ・マイケル(右)、相方はNO・8姫野和樹=宮崎

首のトレーニングを行う主将のFLリーチ・マイケル(右)、相方はNO・8姫野和樹=宮崎【拡大】

 ラグビー日本代表候補合宿(6月12日、宮崎・シェラトングランデオーシャンリゾート)9月20日開幕のW杯日本大会まで残り100日となったこの日は、午前中の練習だけで終了した。主将のFLリーチ・マイケル(30)=東芝=は、出場すれば3大会目となる大舞台へ向け、「十分に時間はある。ここからチームの仕上がりはよくなってくる」と力を込めた。

 自身は3月中旬から恥骨の炎症で別メニュー調整が続くが、宮崎合宿に入ってからは痛みは出ていない。この日はランニングはしなかったが、「すごくいい状態。きょうも痛みはない。安心している」と回復をアピールした。1次合宿後半には「部分参加になる。このまま順調にいけば。コンタクトはなしで」と全体練習への復帰も視野に入れていた。