2019.6.10 21:20

ナイターに備え夜間も練習敢行 ジョセフHC「体を慣らすため」

ナイターに備え夜間も練習敢行 ジョセフHC「体を慣らすため」

夜練習でのスクラム練習、中央はジョセフHC=宮崎県

夜練習でのスクラム練習、中央はジョセフHC=宮崎県【拡大】

 9月開幕のワールドカップ(W杯)で8強入りを目指すラグビー日本代表は10日、宮崎市で7~8月のパシフィック・ネーションズカップに向けた合宿を本格的にスタートさせた。

 今合宿では、珍しい夜間練習が組まれている。午前と昼の練習を終えた選手たちは、夕食後にナイター照明のともるグラウンドに再び集合。昼間の暑さが落ち着いた空気の中でFWはスクラム、バックスはパス練習などで汗を流した。

 W杯は4試合のうち3試合がナイターで行われる。ジョセフHCは「夜でもしっかりできるように、体を慣らすため」と説明した。