2019.5.17 22:10

CTB中村「もっと明確にプラン発信したい」 戦術の切り替えに反省

CTB中村「もっと明確にプラン発信したい」 戦術の切り替えに反省

強化試合の後半、ディフェンスする布巻(手前右)=メルボルン(共同)

強化試合の後半、ディフェンスする布巻(手前右)=メルボルン(共同)【拡大】

 オーストラリア遠征中のラグビー日本代表候補は17日、メルボルンでスーパーラグビー(SR)のレベルズ(オーストラリア)下部チームと強化試合で対戦し、39-12で勝ち、春シーズンの強化試合を5勝1敗で終えた。

 日本代表候補は後半からボールを保持して攻める戦術に切り替え、終了前の約10分はいい流れの攻撃から2トライを挙げた。キック重視の前半はやや攻めあぐねただけに、戦術を変えるタイミングについてCTB中村(サントリー)は「(チームとして)うまく切り替えられなかった」と反省した。

 中村は司令塔のSOとともにバックスの攻撃の方向性を決めるポジションでプレーしているだけに「もっと明確に、こういうプランでいくと発信したい」と話した。(共同)

  • 強化試合の前半、突進する布巻=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、キックパスを出す田村(右)=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、突進する姫野=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、突進する福岡=メルボルン(共同)