2019.5.17 21:46

姫野「満足はしていない」 日本代表候補、5勝1敗で強化試合終える

姫野「満足はしていない」 日本代表候補、5勝1敗で強化試合終える

強化試合の前半、突進する姫野=メルボルン(共同)

強化試合の前半、突進する姫野=メルボルン(共同)【拡大】

 オーストラリア遠征中のラグビー日本代表候補は17日、メルボルンでスーパーラグビー(SR)のレベルズ(オーストラリア)下部チームと強化試合で対戦し、39-12で勝ち、春シーズンの強化試合を5勝1敗で終えた。

 前半はラインアウトからのモールでフッカー堀江(パナソニック)のトライで先制。35分ごろはラックを連取してからCTB梶村(サントリー)がトライを奪って17-5で折り返した。後半は18分ごろにスクラムからナンバー8姫野(トヨタ自動車)がトライするなど加点した。

 春シーズンの活動はこれで終了となり、今後は6月9日から宮崎での合宿に入る。(共同)

姫野の話「満足はしていないし、ここが完成だとも思っていない。最初は保守的になり、キックが多めになってしまった。(春シーズンは)いい期間だった。W杯に向けて方向性が定まっている」

ジョセフ・ヘッドコーチの話「いいトライが取れた。もう少し精度が高いプレーができたらトライを量産できた。(遠征初戦から短い休養でも)40点近く取れたのは上出来」

  • 強化試合の後半、ディフェンスする布巻(手前右)=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、突進する布巻=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、キックパスを出す田村(右)=メルボルン(共同)
  • 強化試合の前半、突進する福岡=メルボルン(共同)