2019.5.12 21:20

ジョセフHC、ウルフパック大勝も「細かいミスが多かった」

ジョセフHC、ウルフパック大勝も「細かいミスが多かった」

強化試合の前半、先制トライを決めるラブスカフニ=キャンベラ(共同)

強化試合の前半、先制トライを決めるラブスカフニ=キャンベラ(共同)【拡大】

 オーストラリア遠征中のラグビー日本代表候補は12日、キャンベラでスーパーラグビー(SR)のブランビーズ(オーストラリア)下部チームと強化試合を行い、66-17で大勝した。SRの下部チームなどと戦う春の強化試合は4勝1敗。

 日本代表候補は、前半開始早々に連続攻撃からフランカーのラブスカフニ(クボタ)がトライを奪うと、16分にCTB中村(サントリー)と2人で縦に突破したフッカー坂手(パナソニック)のトライで加点。前半だけで5トライを重ね、後半も4トライで突き放した。

 強化試合は17日にメルボルンでSRレベルズ(オーストラリア)の下部チームと戦い、全6戦を終了する。(共同)

ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチの話「細かいミスが多かった。けがから復帰した選手はいいプレーもあったが、少し粗い部分もあった。まだまだ先は長いが、一歩一歩確実に進んでいる」

布巻峻介の話「前半はほぼ完璧だったが、後半は質が落ちてしまった。長い時間一緒にいることで、意識的にコミュニケーションを取らなくても、意思疎通できる部分は増えている」

試合日程へ代表候補へ

  • 強化試合の後半、トライ後のゴールを決める松田=キャンベラ(共同)
  • 強化試合の前半、キックパスを出す松田(左端)。この後、福岡(右端)が捕球しトライを決める。中央は中村=キャンベラ(共同)