2019.5.11 15:50

日本代表が男女とも銅メダル! タッチラグビーW杯

日本代表が男女とも銅メダル! タッチラグビーW杯

 日本の大型連休中にマレーシアで開催されていた「タッチラグビーW杯2019」で、日本代表が男女ともに初めて銅メダルを獲得した。

 「男子オープン」の部で日本代表は、予選ラウンドを5勝1分け1敗で準決勝に進んだ。準決勝は5-10でニュージーランドに敗れたが、3位決定戦でパプアニューギニアに5-2で勝利。前回大会は5位に終わって逃したメダルを獲得した。

 「女子オープン」の部でも日本代表は、6勝1敗で決勝ラウンドに進出。準決勝はニュージーランドに敗れたものの、3位決定戦でシンガポールを10-5で下した。

 日本代表は「メンズ40(40歳以上)」の部でも銅メダル。「ONE JAPAN,ONE TEAM」とスローガンを掲げて臨んだこの遠征で、初めて3つのメダルを手にした。

 タッチラグビーは、ラグビーからタックルやスクラムなどを取り除いたルールで戦い、子供や女性、中高年でも親しめる。今大会の「オープン」の部は男女とも1位がオーストラリア、2位がニュージーランド、3位が日本。初めて“2強”に日本が続く結果となった。