2019.4.10 05:01

リーチ、恥骨炎だった…19日か26日の試合で復帰へ

リーチ、恥骨炎だった…19日か26日の試合で復帰へ

リーチ・マイケル

リーチ・マイケル【拡大】

 ラグビー日本代表主将のFLリーチ・マイケル(30)=東芝=が9日、札幌市内で取材に応じ、代表候補活動から離脱していた理由が、恥骨の炎症だったことを明かした。

 リーチは3月中旬から沖縄で行われていた代表候補合宿を途中離脱。特別チーム「ウルフパック」のニュージーランド遠征も不参加だった。経過について「もう治っている」と回復をアピール。12日に病院で最終検査を行う予定で、「来週か再来週くらいのサンウルブズの試合に出ることを目指す」という。19日のスーパーラグビー・ハリケーンズ戦か、26日のハイランダーズ戦(ともに秩父宮)での復帰が濃厚だ。

 9月開幕のW杯日本大会について、2月の代表候補始動時には目標をこれまでのベスト8からベスト4に上方修正。沖縄合宿を経てさらに上向きになったという。

 「優勝することを考えて準備したい」。この日は子供たちのラグビー教室に参加。高校時代を過ごした“第2の故郷”で、主将が高らかに宣言した。 (阿部慎)

試合日程へ日本代表候補へ