2019.4.7 05:02

サンウルブズ連勝ならず…2勝6敗で最下位転落/SR

サンウルブズ連勝ならず…2勝6敗で最下位転落/SR

3戦連続先発となったFB山中(左)。突進を試みたが、相手の防御に阻まれた(共同)

3戦連続先発となったFB山中(左)。突進を試みたが、相手の防御に阻まれた(共同)【拡大】

 スーパーラグビー第8節(6日、オーストラリア・メルボルンほか)サンウルブズは、オーストラリアカンファレンス(C)首位のレベルズに6トライを許し、15-42で敗れた。2勝6敗の勝ち点10で、同C最下位に転落した。次節は試合がなく、19日にハリケーンズ、26日にハイランダーズのニュージーランド勢と東京・秩父宮ラグビー場で対戦する。

 前節、ワラタス(オーストラリア)を敵地で破った勢いはなかった。サンウルブズはレベルズに6トライを許し、オーストラリアC最下位に転落した。

 「相手のプレッシャーを受け続け、BKのセットプレーで簡単にスコアされた」とCTB立川は唇をかんだ。ワラタス戦で3トライのWTBマシレワが、この日も2トライで気を吐いたが、前半はタックルミスで相手にトライを許し、攻めてもラインアウト成功率が54%(レベルズは100%)と起点にできなかった。警戒していたSHゲニア、SOクーパーに1トライずつ奪われた。

 1週休みをおいて19日にハリケーンズ、26日にハイランダーズと、いずれも金曜ナイトゲームが待つ。昨年マークしたチーム最多に並ぶ3勝目、今季秩父宮初勝利をNZの強豪から奪い、浮上のきっかけとする。

試合日程へ勝敗表へ

  • 後半、ラインアウトで競り合うサンウルブズのトンプソン(上右)=メルボルン(共同)
  • 後半、ゴール前に攻め込むサンウルブズのアボット(中央)。阻止されトライならず=メルボルン(共同)
  • 後半、突進を阻まれるサンウルブズ・山沢(左)=メルボルン(共同)
  • 後半、トライを決めるサンウルブズのマシレワ=メルボルン(共同)
  • 後半、突進を阻まれるサンウルブズのツイ=メルボルン(共同)
  • 前半、トライを決め笑顔のサンウルブズのマシレワ(左)=メルボルン(共同)